« 平成27年度「SAVE JAPAN プロジェクト」カワニナ繁殖大作戦参加者募集 | トップページ | 「SAVE JAPAN プロジェクト」《カワニナ繁殖大作戦》vol.2参加者募集 »

平成27年度「SAVE JAPAN プロジェクト」 ゲンジボタルを守ろう カワニナ繁殖大作戦実施報告

平成27年 9月27日(日)ゲンジボタルを守ろう(カワニナ繁殖大作戦)を実施しました。 150名と多くの皆様の参加をいただき有難うございました。

ホタルを守ることは、エサになるカワニナの生息環境を守ること。
ゲンジボタルの 幼虫のえさになる「カワニナ」を増やすことです。
場所:前橋市田口町ホタルの里
《今回のプロジェクト:カワニナ繁殖大作戦》
☆カワニナが生息する川の下草刈り:繁茂する草の刈り込みと川さらい
☆ゲンジボタルの生息環境の整備:雑木林の剪定と散策路の整備
☆カワニナ繁殖場の設置:下草刈りと水路の設置
参加いただいた皆さんからのご意見の一部紹介
・草むしりはちゃんとやると楽しいです。
・とてもいい経験になりました。
・一つの種の生物を保護する時に考えなければならない事象についてし知ることが出来た。 ・疲れた。・ちょっと疲れた
・草刈りがホタルの生育に役立つ理由が分からなかった。
・もう少し生産性をあげる(草刈機の利用)必要があるのでは。
・先日ホタルを見にきたばかりでしたが、裏ではこのような保全活動がされているのを実感しました。
・きちんとホタルの生態、イベントの実施の意味を説明して下さり、分かりやすかったです。
集合写真です。
Photo_6
ホタルを守る会の皆さん、ボランティアの皆さんでミーティングです。
Photo_7
ボランティアの皆さんに、現状説明・作業趣旨を説明し、
2箇所に 分かれての作業班分けを。
(写真31)
ゲンジボタルの幼虫のえさになる「カワニナ」を増やす田の作業。
この場所を広く使って川を作り、カワニナを養殖する。
(写真:41~48)
《追加プロジェクト:ヒメタニシ、サカマキガイ繁殖大作戦》
ヘイケボタルの幼虫のえさになる「ヒメタニシ、サカマキガイ等」を増やす田の作業。
(写真:51~54)
作業終了後、ホタル生息について、この地域の現状・本日の作業の目的など 今後の進め方と、期待について専門家のお話を。
(写真:61~63)
ゲンジボタルだけでなく、ヘイケボタルの繁殖まで期待できそうです。 写真 皆様のご支援をいただき、これから、順次繁殖に向けた活動を進めていきます。 活動の経過は順次紹介させていただきます。 今後ともご支援よろしくお願いします。(栗原)

|

« 平成27年度「SAVE JAPAN プロジェクト」カワニナ繁殖大作戦参加者募集 | トップページ | 「SAVE JAPAN プロジェクト」《カワニナ繁殖大作戦》vol.2参加者募集 »

SAVE JAPAN プロジェクト」カテゴリの記事