« 「東日本大震災現地NPO応援基金」報告会紹介 | トップページ | Panasonic NPOサポート ファンド紹介 »

覚満淵のササ刈り作戦報告会(SAVE JAPANプロジェクト)

  3月9日(土)群馬会館大ホールにて、SAVE JAPANプロジェクトにて
実施した「覚満淵のササ刈り作戦」の成果・報告を含め
『赤城自然塾と赤城山の自然保護活動推進協議会ジョイント活動報告会』
を実施しましたので紹介します。

(参加者からたくさんのご意見をいただきました。ここに一部を紹介させていただきます。)
・何事も、続けることが大切だと(30代・男性)
・自然保護活動だけでなく、実績だけでなく赤城山の情報も得られて為になりました。
 (70代・男性)
・種々の活動をネットワークする力がとてもすばらしいと思います。やはり、群馬といったら
 「赤城山」赤城山を中心にすえ、人が集まるのは、「ふさとづくり」になるのですね!!
 (50代・女性)
・赤城山の事がよく解りました。まだまだ赤城山について知らない事が有るなあと思い
 感じると思いました。(ニッコキスゲについて等、ササガリについて)(30代・男性)
・活動の輪を広げてほしい。(50代・男性)
・活動には多くの若者を引き込んでいく事が大切(50代・男性)
・動物の愛護も必要かなと思います。共生の道も考えて頂ければと思います。(40代・男性)

映像 による問題提起DVD:石倉 利雪:赤城自然塾監事、サンデンファシリティ社長
「私たち大人は何をしてきたか?」セヴァン・カリス=スズキの訴え
Dsc00737
主催者挨拶
 天田 淸之助:NPO法人赤城自然塾理事長 
 小暮 市郎 :赤城山の自然保護活動推進協議会長
 
来 賓 挨拶
 山本 龍  :前橋市長 
 山口 栄一 :群馬県環境森林部長 
(お世話になっている方の紹介)

(第1部) 赤城山の自然保護活動報告と今後の計画 
赤城山の自然保護活動報告 坂庭 浩之:群馬県林業試験場
今後の計画発表         吉田 龍司:NPO法人群馬県自然保護連盟事務局長、
                    赤城自然塾理事
Dsc00787 Dsc00801
(第2部)赤城自然塾活動報告と今後の計画 
赤城自然塾活動の報告
 人づくり(環境人材育成):栗原 久:東京福祉大学教授、赤城自然塾会員
 森づくり(松枯れ林地再生プロジェクト):大松 稔:赤城自然塾会員)
Dsc00828Dsc00761
 交流・エコツーリズム
  ・石倉 利雪:赤城自然塾監事、サンデンファシリティ社長
  ・篠原 豊 :赤城自然塾副理事長、赤城姫を愛する集まり事務局長
Dsc00848 Dsc00855
今後の計画発表:小林 善紀:赤城自然塾事務局長
Dsc00866
(休 憩)AKGエコ活動紹介(映像)とパフォーマンス
Dsc00872 Dsc00906

評価・講演
 「赤城山をめぐる広域連携の成果」:西薗 大実:群馬大学教育学部教授
Dsc00927Dsc00934_3
閉会挨拶
  櫻井 義維英:赤城自然塾副理事長、国立赤城青少年交流の家所長
Dsc00946

平成25年度活動日程(予定) 
5月19日(日)第3回ササ刈り作戦
7月20日(土)自然観察会(ニッコウキスゲの成果を確認)
      子ども達を主体に募集
11月10日(日)第4回ササ刈り作戦
平成26年3月 活動報告会
多くの皆様の参加をお待ちしています。(栗原)

|

« 「東日本大震災現地NPO応援基金」報告会紹介 | トップページ | Panasonic NPOサポート ファンド紹介 »

SAVE JAPAN プロジェクト」カテゴリの記事