« 群馬NPO協議会後援事業紹介「マザー・テレサと生きる」 | トップページ | 新しい公共支援事業紹介 »

群馬NPO協議会東毛例会(共同募金受配事業)報告

平成平成22年11月20日(土)13時~、桐生市総合福祉センターにおいて
東毛例会を実施しましたので報告します。
150名の皆様に参加いただきました。

第一部は、問題提起と基調講演です。

問題提起は「地域福祉活動計画を一歩進めるには」と題し、桐生市地域福祉
活動計画推進委員長であり、NPO法人わたらせライフサービス理事長として、
第一線で実際に活動を通じて地域の問題を熟知されている
「宮地 由高」氏です。
お話は地域に関係している事が多く、参加されている皆さんに身近なお話であり、
皆さん自分の事の様にうなずきながら熱心に聞かれておられました。

Img_5626 Img_5612

基調講演は「しあわせな地域づくりは私たちの手で」と題し、
新潟「うちの実家」代表の「河田 珪子」氏です。
お話は、御自分が結婚されてからの事から始まり、「地域の茶の間」ができる
きっかけ、運営方法などです。
誰かに会いたい、誰かと話したい、誰かと一緒にお茶のみしたい、行くところが
ほしいという人々の願いに応えた毎日型の地域の茶の間。
子どもからお年寄り、障がいの有無にかかわらず、誰でもいつ来てもいつ帰ってもOK。
16畳程度の和室でおしゃべり、縫い物、囲碁、昼寝など思い思いの時間を過ごす。
昼食時にはみんながおかずをまわしたり、箸が行き渡っているかを確認したりと
一段と活気が出てくる。
「いただきます」の号令をすることなく自分のペースで食べはじめ、おしゃべりも続く。
みんなが主役の居場所。(HPより)
余談ですが、河田さんは全国各地から講演を依頼されていらっしゃいます。講演が
遅くなっても帰れるなら帰ると。鳥取を日帰りというパワフルな方でした。

Img_5655 Img_5632

第二部は分科会です。

第一分科会 災害に強いまちづくり
 コーディネーター 松井 隆 氏(災害ボランティアネットワーク桐生代表)
 パネリスト    石塚 衛 氏(三条市総務部行政課防災対策室)
 パネリスト    常見 倉平氏(桐生市第13区長代理間の島第1町会自主防災会前会長)

Img_5659

第二分科会 高齢者の居場所づくり
 コーディネーター 桑原 三郎氏(NPO法人よろずや余之助理事長)
 パネリスト    河田 珪子氏(新潟市「うちの実家」代表)
 パネリスト    森  定夫氏(社会福祉法人こころみの会理事長)
 パネリスト    向田 道子氏(桐生市司会福祉協議会第14支部シルバーサロン代表)

Img_5672

第三分科会 高齢者の足の確保
 コーディネーター 恩田 初男氏(NPO法人お互いさまネットワーク理事長)
 パネリスト    松山 成紀氏(NPO法人ウィングおじま理事長)
 パネリスト    佐塚 昌史氏(NPO法人じゃんけんぽん事務局長)

Img_5679

です。
どの分科会も参加者の皆さんから、具体事例に基づく質疑で盛り上がっていました。

講演会で司会を担当してくださいました桐生社会福祉協議会の大沢さんです。
朝9時前から会場設営や片付けなど、汗だくになってのご支援をいただきました。
お世話になりました。

Img_5631

次回は北毛例会です。詳細が決定次第紹介させていただきます。(栗原)

|

« 群馬NPO協議会後援事業紹介「マザー・テレサと生きる」 | トップページ | 新しい公共支援事業紹介 »

群馬NPO協議会からお知らせ」カテゴリの記事